「ほっ」と。キャンペーン

TAKA GREEN CONQUER!!


by takagreen06
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

英史 誕生

私は長い間、自分が生れ落ちた光景を実に鮮明に覚えている。2010年8月16日、暗闇の中で10時間ほどもがき苦しんだ中、突然光まぶしい世界に飛び出した。10時間の格闘の末、私の頭は細長く変形し布袋様の様な形であったようだ。生れ落ちた時間は、真夜中近く23時頃だと言う事を後で聞いた。

目を凝らすと横には10時間に及ぶお産の疲れと満足感と安堵の中で、微笑を浮かべしっかりと私を見つめている女性が横にいた。これが私の母親である。また、ベットの横ではカメラ片手に興奮のあまり、はしゃぎ廻りよかったよかったと大声を張り上げ私の廻りを飛び跳ねている男がいた。これが私の父親である。また、ドアの向こうで私を見つめ、笑っているような泣いているような複雑な表情をした年老いた夫婦が2組いた。互いに顔を見合わせ、これもただただよかったよかったとうなずいている様子が薄明かりの中ではっきりと分る。

少し経つと白い服を着た、きびきびした女性が突然私を持ち上げた。その瞬間、私はせきを切った様に泣き出した事を覚えている。とても気持ちの良い叫びのようだった。そして、タオルに包まれ、少し離れてた大部屋に連れて行かれ、小さなベットに寝かされた。そこには私以外に赤ん坊は誰も居らず、大部屋を独り占めしたようだ。後で聞くとこの病院は2ヶ月ほど前いに新築され、私がこの産婦人科病院での第一号目の赤ん坊らしい。名誉な事か、心配な事かは今ではどうでも良い。私を取り上げた先生の名は水上先生と言い、私の母方
のお父さんの友人であり、千葉大学の産婦人科を出た台湾人の先生である。更に、この先生と私の父親側のお父さんの中学時代の友達(千葉大学産婦人科)遠藤先生とも知り合いであったと言う、これまた不思議な繋がりがあった。奇妙にも、この世の中深く探り出せば、くもの巣のごとくどこかで人と言うものは誰かと繋がっているものだ。

移されたその小さなベットの中は今までの居心地の良さとは違った安心感と居心地の良さを感じた。目を見開くとガラスの向こうで私を見つめる4~5人の顔が見える。私を見てはニコニコと笑い、手を振り、更にはパチパチと光を放し、まぶしく目が開いていられなかった。

その時は、まだ私の名前は付いていなかった様だ。名前の由縁はそれ程大した経緯や考えは無かったようだ。単にエージ(英史)と言う響きの良さと英語の得意な父親の名前の史郎の「史」を貰っただけ。その後、私は4歳になるまでの記憶は全く無い。しかし、この瞬間、この一日の出来事は実に良く覚えている。

ある著名な作家平岡 公威も同じ事を言っているが、私も自分の生れ落ちた瞬間を頭の片隅にヘバリ付いている。この記憶は剥がそうにも、自分の記憶のシミのように、頭に深く張り付いて離れない。
[PR]
# by takagreen06 | 2011-02-17 03:20
2009年は谷川岳への再チャレンジから始まった。
そして、一大イベントは「北アルプス八方尾根からの唐松岳」への登山である。
その他には那須の「朝日岳」には2回登った。足慣らしの為に「筑波山」には2回,3回?程出向いた。「高尾山」にも2回。目新しい山では多摩の「棒の折れ山」、沢も有り中々面白かった。

北アルプス八方尾根は大昔し2~3度スキーに行った事がある。リフトから見る雪景色はスバラシかった事を思い出す。やはり3千メートル級の山が立ち並ぶ北アルプスは絶景であり壮大だ。しかし、今回の唐松岳登山は朝方まで白馬山麓はどしゃ降り。出発時には雨は止んだが、残念にも壮大な山並み全景を見る事は出来なかった。
b0092579_1729022.jpg
時折り雲間から見せる唐松岳や不帰の岳はやはり雄大である。唐松岳山荘小屋での宿泊は急遽キャンセルし、山頂小屋をトンボ帰り下山した。山小屋での一泊の楽しみは次回に持ち越し。息子同伴の山登り。息子は半分はいやいや?残りは仕方なしながら楽しんだ様だ?
b0092579_17334691.jpg

昨年から本格的に始まった山歩きは一段と熱を帯びエスカレートして行く。気持ちの中では高ぶりを抑え”ゆっくりとゆっくりと”と体力がつぶやく。まずは初級者クラスの山登りを目標に。来年夏は再度北アルプスに行こう。燕岳も良いかな、木曽の駒ケ岳も面白そうだ。

体力は年々落ちてゆく。どの様に気力体力アップを目指すか。今年の冬は体力作り。服装や装備には大分金を掛けた。来年の夏山が楽しみだ。その前に秋の山もチャレンジ出来るぞ!
b0092579_1735477.jpg

谷川岳は一応は完登した。そこそこの満足感は残った。次回は少しルート変えて登るか。
[PR]
# by takagreen06 | 2009-10-05 18:02
2009年8月27日谷川岳に再チャレンジとは少し大げさですが、今回は雷雨にも会わず「谷川岳トマの耳」に立つ事ができました。
b0092579_14101379.jpg

ルートは一般的な谷川天神平からの登攀です。
b0092579_14121831.jpg
初心者コースの割には疲れました。3時間掛けて「トマの耳」に到着。
次回はマチガ沢からノゾキまでを登攀する計画です。b0092579_14304822.jpgb0092579_14323518.jpg
[PR]
# by takagreen06 | 2009-08-04 13:59 | Hoboの旅
一の倉沢、マチガ沢。2008年谷川岳へチャレンジ。退散しました。
山を甘く見てはいけないね!山の神から洗礼を受けました。
b0092579_18253959.jpg

雷は本当に怖かった。一目散に逃げ下りました。夏の良い思い出。
一つ間違えれば「老人、山を甘く見て雷に打たれ死亡!」かな?
雷雨が過ぎて一休み。更に追い討ちをかける様に二段目が来ました。b0092579_18302677.jpg
[PR]
# by takagreen06 | 2009-01-19 18:25 | Hoboの旅

M

Mexico旅の終わりに-「旅の楽しみ方」

そろそろ一年近くなるメキシコの旅も終わりに近づいてきた。楽しい旅と言うものは何時もの様にあっと言う間に終わってしまう。このメキシコの旅が楽しかったどうかは多分5年先、10年先になって分かるのだろう。刺激的、感動的な出会いは無かったが日常的な中での平凡な出会いはそれなりあり、新鮮さもあった。b0092579_15254699.jpg

この中で中世の高原都市は気に入った。特にサンミゲルと言う街には2度、サカテカスには3度訪れた。古い教会を囲む小都市は好きだ。人も建物も何か心を落ち着かせる。どの教会も同じ様でどこか違う。大きさではない。ましてや豪華さでもない。多分教会のある場所や街で違ってくるのではなか。そこを訪れる人で教会の雰囲気が違ってくるのではないか。

b0092579_15262495.jpg
教会の写真は沢山撮ったと言っても、何時も同じ教会だが。なぜ教会の建屋に魅力を感じるのか。その荘厳さか、神秘さか。お寺の孫に生まれ、お寺の本堂、境内やお墓を自分の遊び場としてその中を走り回って育った。それだからでは無いと思うが、教会の中には何の抵抗も無く
すーっと入って行ける。クリスチャンでも無いのに自然と神様の前ではこの短気な気性が穏やかになる。何か神様や仏様の前では何も悪い事をしていなくとも何故か「許してください」と謝ってしまう。人は何処で知らず知らずに人に迷惑をかけたり、人を傷つけたりしているのであろう。
話は逸れてしまったがこれからも教会の写真は撮り続けよう。何の目的も無くただただ撮ろう。

b0092579_15271340.jpg
さて旅の楽しみ方だが、ポイントは目的地に行くまでの道のりを出来るだけノンビリと楽しむ事だ。急いで行ってはいけない。勿論帰路もゆっくりと家路につくのだ。

2泊3日の旅は、まず第1日の目的地まで時間を出来る限り掛けてゆっくり。車の旅なら人に迷惑にならない程度にゆっくりとした速度で廻りの景色を楽しみ途中で面白そうな街があれば止まってみる事。そこには何かがあるはずだ。目的地に着けば期待外れの事もあるが、そこを如何に楽しむか。楽しみ方は一つ、何を自分はここに期待をしたかを心に言ってみる。
すると自分に期待した事の間違いが分かり、次の楽しみ方が自然と出てくるものだ。

帰路も出来る限り時間を掛けてゆっくりと帰る事だ。そして出来る限り来た道を戻らない事。帰る道は色々とあるものだ。そして旅の出会いや、出来事を思いながら自分の好きな歌でも聞きながら帰るのだ。

人生も同じ、目的地に行くまで、目的地から帰る時を如何に楽しむかでその旅も、人生も楽しくも辛くも感じるものだと思う。さーて人生の岐路にでもつくか。そーゆっくりと折り返すか。
[PR]
# by takagreen06 | 2007-10-17 15:15 | Hoboの旅

MexicoでChina緞子?

こんな絨毯を買いました。
MexicoでChina緞子?とペルシャ絨毯?
b0092579_10405763.jpg

これがChina緞子です。まー楽しみに!中々いいですよ。
[PR]
# by takagreen06 | 2007-07-29 10:42 | 優しさ
b0092579_040837.jpg久しぶりの投稿です。
来月でMexico生活も1年を経過します。色々ありましたと言いたい所ですが、あまり変わった事は有りませんでした。何か坦々とした生活でした。Mexicoで学んだ事は?ウーん何かな?これからゆっくりと考えましょう。

Mexico生活も後残す所1ヶ月半位です。仕事では新工場もほぼ完成しいい時期でしょう。正直いってこの歳で単身生活は疲れます。(少し弱気ですね?)帰国後は二重生活、東京生活+自宅の生活。これも少し楽しみです。

最近撮った写真を数枚載せます。この写真中々いいでしょう。b0092579_0475029.jpg
老人と子どもが真夏の日陰の下を静かに通り過ぎていきます。この静けさの中に”人生なんってのはあっと言う間だよ”と言う声が何処からか聞こえてきます。いいですねこの光景。

上の写真は日曜日教会の前での結婚式の一こまです。何かどこかの映画のワンシーン見たいでしょう。
[PR]
# by takagreen06 | 2007-07-28 00:13 | Hoboの旅

Mexicoでの別れの言葉は

色々な別れの言葉が世界中にはある。色々な国を訪問したり生活をしたりしたが、その国それぞれにその状況に合った別れの言葉があるものだ。

英語では「Good Bye」、スペイン語では「Adios」、イタリヤ語で「Ciaoチャオ」と可愛い、ドイツ語は少し難しく「アウフビーダーゼン」、中国語では「再見でヅアイチェン」、タイ語で「ダーゴン」か?でも単純にこの一単語だけ覚えて使うととんでもない誤解を生む事がある。
b0092579_40596.jpg
Mexicoもスペイン語圏にて別れの言葉は「アデオス」だ!これだけで通すと大問題!アデオスの別れの意味は”当分会えない”若しくは”2度と会わない”であろう時に使う。この言葉には「もー二度とお前には会わないよ」と言う意味も含んでいる様だ。故に身近な友人や知り合いに使うととんでもない誤解を生む。親しい間柄ではイタリヤ語同様に「Chau チャオ」がある。これは何か可愛らしく使い易い。「また今度」は「アスタ・エルゴ」。「また明日」は少し日本語の東北弁に似ていて「アスタ又会おーな」で「アスタ・マイヤーナ」だ。これは覚え易い。後の極めつけは「アスタ・ラ・ビスタ」だ。これどこかで聞いたな。そー「ターミネーター2」のシュワちゃんの決め台詞「アスタラビスタでベビー」だ。「またどこかで会おうなベビー!」でもあまりMexicoでは聞いたことが無い。でも今度少し使ってみるか.....ベビー!

英語では「Good Bye」。これもアメリカでは使いそうで、そうは友達間では使わない言葉だ。たいがいは、ただの「Bye」か「See you」か「Bye Now」ジャーまたねだ。更には学生間では「Take it easy」か。しかし、これは会社内ではあまり使わない。「仕事せずに気楽にやれよ!」は無いだろう。だが、「毎日毎日の残業で仕事に追われている同僚には「Take it easy.Go home」とは言う。 「Good Bye」の語源は「God be with you」とか「God by」から来ているそうで「神と共にある事」祈願を含んでいるそうだ。うーんアメリカは物騒だからな。

b0092579_4431721.jpg
日本語の「さようなら」の語源は?これも殆どの人は知らないだろう。調べて見ると「左様ならば………」の省略だそうだ。「そう言う事ならば」の意味で「別れたくないが、仕方が無い、左様であるならば」と言う事だ。思った程深い意味がある訳では無い。そう言えば一般的には友達同士の別れの言葉でもかしこまって「さよーなら」とは言わないし、ましてや男同士ではなお更使わない。普通は「じゃーな」「またなー」「この次なー」とか再会を約束するニュアンスを残しての言葉が多いと言うのも「左様であるか?」。
[PR]
# by takagreen06 | 2007-05-09 03:44 | 優しさ

Alaskaの旅の終わりに

TijaunaからAguasへ戻る機上の中で星野道夫の「長い旅の途上」を読み終えた。これと同時に私のb0092579_227437.jpg「アラスカの旅」も終わった。

本当の自然の中で心休まる心地よさを体験出来た。今思えば茨城の田舎の田んぼや川原を駆けずり廻った少年時代。これが有ったらこそ、素直に自然に溶け込むことが出来た様なきがした。

今回の旅がこれからの人生に、と言ってもわずかな人生にどれだけの影響を及ぼすか楽しみである。もう少し早い時期に今の気持ちを持ってアラスカに着たかったものだ。また明日から現実に戻り、今までの普通の生活が始まる。
b0092579_723298.jpg

[PR]
# by takagreen06 | 2007-04-26 02:24 | 優しさ

Alaskaの旅 後日談

Alaskaとは何だったのか?
b0092579_2533125.jpg

Alaskaで学んだこと;
・人には色々な生き方がある事
(色々な場所で色々な生き方をしている人がいる事)
・人には色々な目的がある事 
・人生と同じ様に四季にも、日照時間にも色々な長さがある事
・我々と違った時間の中で短い夏を長い冬を季節の中で生きている人がいる事
・女性とはどこの国でも強いと言う事
・男性は基本的にはやさしいと言う事
・Homelessはこの寒いAlaskaでも、暖かなSan Diegoにもいるという事、
 そのHomelessの生き方もおのずと違っていると言う事
・先住民であるエスキモーもインデアンも恵まれない生活を送っているという事
・以外にアラスカには南国のサモア人が多いと言う事
b0092579_363858.jpg
・自然中ではいくら人間が強がっても彼らはびくともしない事
・その一方で我々の驕った生活が少しずつこの素晴らしい自然を蝕んでいる事
・自然の中で生きるという事は、この単調な生き方の中で、如何にしっかりと自分と向き合い人
 生を過ごすことが出来るかと言う事
・冬の厳しさがあるが故に春の暖かさが待ち遠しく春や秋の優しさが分かる事
b0092579_3175059.jpg
[PR]
# by takagreen06 | 2007-04-20 02:43 | Hoboの旅